【シニアの出会い 広島市内】先週インタビューを失敗したのは、広島市内まさしく、いつもはステマの正社員をしていない五人の男子学生!
顔を揃えたのは、メンズキャバクラでキャストとして働いているAさん、貧乏大学生のBさん、売れっ子芸術家のCさん、シニアの出会い某音楽プロダクションに所属する予定のDさんシニアの出会い、漫才師を目指すEさんの五人で
筆者「始めに、始めた原因から質問していきましょう。Aさんから順にお話しください」

シニアの出会い 広島市内を徹底研究!

A(メンキャバキャスト)「俺は、女性心理が分からなくて始めたいと思いました」
B(就活中の大学生)「自分は広島市内、稼げれば何でもやると考えて躊躇しましたね」
C(音楽家)「俺様は、ミュージシャンをやってるんですけど、まだ始めたばかりなんで丸っきり稼げないんですよ。食えるようになる為には詰らないことでも着々と下積みしなきゃいけないんで、こんなことやりたくないのですが、とりあえずアンダーグラウンドな経験をしようと思って」
D(某タレント事務所所属)「オレは、○○って音楽プロダクションでダンサーを夢見てがんばってるんですが、一度のライブで500円しか頂けないんで…先輩に教えていただきサクラのバイトをやっています」

話題に上がったシニアの出会い 広島市内のメールについて

E(お笑い芸人)「本当のところ広島市内、オレもDさんと似た感じで、コントやって一回僅か数百円の貧しい生活してるんです。先輩の紹介ではありませんが、ゲリラマーケティングのアルバイトをするに至りました」
なんてことでしょう、メンバー五人のうち三人が芸能プロダクションに所属中という華々しいメンバーでした…、なのに話を聞き取っていくとどうやら、彼らにはステマによくある仰天エピソードがあるようでした…。

関連記事