【山形 出会い サークル 40歳女性 出逢いバー】本日インタビューを成功したのは出逢いバー、まさに、以前よりサクラのパートをしている五人の男子!
集まることができたのは、メンズキャバクラでキャストとして働いていたAさん出逢いバー、現役大学生のBさん出逢いバー、売れっ子芸術家のCさん、山形某芸能プロダクションに所属するというDさん、お笑いタレントを目指すEさんの五人です。
筆者「では最初に、辞めたキッカケを聞いていきます。Aさんから順にお願いします」
A(元メンズキャバクラ勤務)「小生は、40歳女性女心が知りたくて辞めました」

山形 出会い サークル 40歳女性 出逢いバーが真実か

B(現役大学生)「俺様は山形、稼げなくてもいいと考える間もなく始めましたね」
C(表現者)「小生はサークル、歌手をやってるんですけど出会い、まだ始めたばかりなんで一切稼げないんですよ。大物になる為には脚光を浴びない所からこつこつ下積みすると良いらしいんで、、こんなことやりたくないのですが、ひとまずアンダーグラウンドな経験値を得ようと思って」
D(芸能プロダクション所属)「私は、出会い○○ってタレント事務所に所属してピアニストを夢見てがんばってるんですが40歳女性、一度のリサイタルで500円だけしか貰えないんで…先輩に教えて貰ったサクラのバイトを仕方なくやってるんです」

種類の豊富な山形 出会い サークル 40歳女性 出逢いバーは良い声してる

E(ピン芸人)「お察しの通り、ボクもDさんと近い状況で、コントやって一回僅か数百円の貧しい生活してるんです。先輩が教えてくださって、ステルスマーケティングのバイトを始めることにしました」
たまげたことに、五人のうち三人がタレント事務所に所属中という普通のメンバーでした…、サークルかと言って話を聞いてみたところ、出会い彼らにはステマ独自の苦労があるようでした…。

関連記事