【錦糸町出会いカフェ 関西アブノーマル】今朝インタビューできたのは、それこそ、現役でステルスマーケティングのパートをしていない五人のおじさん!
顔を揃えたのは、メンキャバを辞めたAさん錦糸町出会いカフェ、貧乏大学生のBさん、自称アーティストのCさん、某芸能事務所に所属する予定だというDさん、芸人になることを諦めたEさんの五人です。
筆者「まず最初に、始めた原因からうかがっていきましょう。Aさんから順にお話しください」
A(メンキャバキャスト)「オレは、女性心理が理解できると考え始めることにしました」

錦糸町出会いカフェ 関西アブノーマルが大きく見えた

B(スーパー大学生)「オレは、収入が得られれば何でもいいと思って躊躇しましたね」
C(クリエイター)「オレは、フォークシンガーをやっているんですけど、まだ新人なんでたまにしか稼げないんですよ。売れる為には詰らないことでも地道に下積みしなきゃいけないんで、こういう経験をして、関西アブノーマルとりあえずアンダーグラウンドな遍歴を重ねようと思って」
D(某タレント事務所所属)「俺は、○○って芸能事務所にてクリエーターを目指しつつあるんですが、一度のステージで500円ぽっちしか入らないんで…先輩の紹介でサクラのバイトをやむを得ずやってるんです」

彼氏が欲しい!錦糸町出会いカフェ 関西アブノーマルの関係性が面白すぎる

E(中堅芸人)「実際のところ、うちもDさんと似たような状況で、コントやってたった一回数百円の快適な生活してるんです。先輩に教えていただき、ゲリラマーケティングのアルバイトを始めました」
あろうことか、錦糸町出会いカフェ五名のうち三名が芸能事務所に所属しているという贅沢なメンバーでした…、それでも話を聞く以前より関西アブノーマル、彼らにはステマ特有の悲しいエピソードがあるようでした…。

関連記事